チゲ雑炊とバルコニー

| | コメント(2)

ひとつ前のブログ記事は「中秋の名月」です。 次のブログ記事は「やっと晴れたよ」です。


朝食は、昨夜のチゲ鍋にご飯を入れて、雑炊にしました。

食当はH君。真剣なまなざしで味見をして、


「調味料は何がある?」

「一通り揃ってるけど・・・」


そう言ってみせた調味料のカートから彼が取り出したのは「麺つゆ」。

お玉にとって、ちょろっと足して味見して・・・。

お腹のすいてしまった私が


「もうご飯入れようよ」


というと、


「いやまだ、ここで焦ると山で食わされるような糊みたいな雑炊になっちゃう」


そうなんだ、山での朝飯はたしかにそうだったかもしれない。糊の雑炊、作ったかも。。。


溶き卵をまわし入れ、最後に味見した彼はニッコリ笑って


「やっちまったよ!」


激ウマの雑炊でした。


さて、

今日は応援のH夫妻に手伝ってもらって、バルコニーを作ってしまおうと思います。


梁を載せたときのわずかな?勘違いにより、設計時より2Fの床が高くなっているので、バルコニーの床レベルももう一度考え直さなければなりません。ドアの高さも変わってきますから、沓の下にはいる笠木の寸法も変わるし・・・。


結局、バルコニー床レベルは2F床レベルから約100ミリ落とすことにしました。

ドアは外開きなので、ここにある程度のレベル差がないと、ドアを開けたときに外に置いたサンダルがドアとともに・・・あれ!あっちにいっちゃった〜という現象が起きてしまうのです。


こないだ架かった足場のおかげで、作業は快適・安全。防腐剤が圧入された材を寸法に切って、ステンレスのコーススレッドで止めていきます。

一応水準器を当てて水平を見ますが、材の反りがあってあまりアテになりません。

だいたいのところで妥協しました。まあ、なんとかなるっしょ。


R0011636.jpg


夕方、H夫妻は帰っていきました。

インター近くのスーパーで見つけた「黄桃」がとても美味しかったので、お土産に買って帰ったそうです。

ただ、渋滞中にその桃がどうなり、お土産となったかは、定かではありません。




コメント(2)

黄桃は無事お土産になりました。
柿は減ってしまいましたがね~
台風接近で作業中断になるでしょうが
体力、気力の充電してくださいね。
仲秋の名月の恨みは晴らせました。v(^^)v

あれから長坂のスーパーにいくと気を付けているんだけど、もう黄桃は出ません。
ほんの一時期だけだったのかも知れません。

次の日、カレーを作りました(笑) 肉がなかったので野菜カレーですが。

コメントする

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ ブログランキング・にほんブログ村へ


このブログ記事について

このページは、hiroが2008年9月15日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中秋の名月」です。

次のブログ記事は「やっと晴れたよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.13