霧除け

| | コメント(0)

ひとつ前のブログ記事は「軒天」です。 次のブログ記事は「雪が積もりました。」です。


忘れてました! 「霧除け」。


霧除けとは、窓の上につけるちょっとした「庇」のことです。

ログハウスの場合、外壁を風雨から守るために軒を深くするので、あんまり効果がないかも知れません。

主に見栄えの問題じゃないかと考えていたせいか、完全に頭の中から忘れ去られていました。

ところが、足場撤去の数日前になって思い出してしまいました。

北側妻壁の窓などは、足場を外してしまったらもう取付けることはできません。しかもここは、建物の中で一番軒が浅いところなのです。


さあ、どうする。。。

ログテックの田中さんのところにいって、相談してみよう。


「霧除け?そんなに難しい施工じゃないよ。簡単、簡単」。


そう言って、自分の家の霧除けを見せてくれました。

要するに、斜めに切った受け材を額縁につけて、その上に庇を載せればいいんだ。


翌日、とりあえず北側だけ取付けてみることにしました。

幅120ミリの材を30度・60度の直角三角形に切ったものを受け材にして、額縁の左右に取付けます。幅145ミリの材を額縁と同じ長さに切って、これの縁を縁を60度にカット。このカット面をログ壁にぴったりつけて受け材めがけてコーススレッドで止めます。


つけてみると、結構いい感じです。全ての窓に付けたくなって、今日一日、この施工に費やすことにしました。

一通り採寸したら、あとはひたすら丸ノコでカット、カット。

材を各窓近くの足場にのせたら、片っ端から取付けました。最後に額縁と同じ色のペンキを塗りました。


二度目の塗装は明日以降にすることにして、本日終了。



コメントする

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ ブログランキング・にほんブログ村へ


このブログ記事について

このページは、hiroが2008年12月13日 00:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「軒天」です。

次のブログ記事は「雪が積もりました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.13