ログメーカー: 2007年11月アーカイブ

タロ

| | コメント(0)

タロに決めようと思います。
何か決定的な仕様の違いがあったとか、価格がどうとか、そういうことではないのです。
ログハウスを建てたいと思っている人に対する姿勢というか、つまり、一生懸命なんです。

高級そうなキッチンや建具で、うわべだけを見せて夢を見させて、それで売ろうという会社が多い中で、「中身で勝負」というスタンスがとても気に入りました。質実剛健が基本。

例えば「妻壁」。ロフトの壁になるあの三角の部分のことです。
あるログメーカーは、「ログは重いので妻壁はログで積まず、ツーバオフォーの壁にします。」と説明していました。
でも、タロの担当者は胸を張って、「うちは全部ログ積みです」と言い切っていました。どちらがいいのか難しいことはわかりませんが、自信を持って言い切る態度が、この会社の社風を表していると思います。

棟木はどのくらいの大きさなの?根太や大引は?床板の厚みは?建具は?
カタログにはことさらに書かれていませんが、実はちゃんとしてる。そんな会社だなと思いました。


セルフビルドに力を入れているところも、今回の計画にはぴったりでした。
「建てることを楽しむ」よりも「自分でやって節約しよう」という私の考えにも真剣に耳を傾けて、それを承知の上でいろんな話もできました。
一番気になるのは、端的にいって、「ホントにできるの?」ということ。
これに対する答え、「大工さんも人間、同じ人間のやることですから」。
なるほど・・・妙に説得力のある言葉でした。



今度の週末は、山梨のタロの代理店さんに行ってみることにします。


たくさん、資料請求しました。

それこそ、片っ端からという表現がぴったりなくらい、何社もカタログを取り寄せました。

茶封筒にカタログだけ入れて送ってくる素っ気ないところもあれば、丁寧な手紙がついてくる社、電話でコンタクトをとってくるところもありました。

それにしても、価格に大きな差があります。
「キット価格」「材工一式」「設備込み」等々。
このメーカーはどこにお金がかかっているのか。この価格の他に何がかかるのか。
よくわからないことだらけです。

検討するっていっても、こりゃ大変だ。


2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ ブログランキング・にほんブログ村へ


このアーカイブについて

このページには、2007年11月以降に書かれたブログ記事のうちログメーカーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはログメーカー: 2007年10月です。

次のアーカイブはログメーカー: 2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.13