思うことの最近のブログ記事

道具

| | コメント(0)
木工の工具はあまり手元にありません。
金属加工に関することなら、現場用でも工場用でも、基本的なことはできるのですが、木工となると、あまり経験がないのです。
白状すると、丸ノコ、使ったことがないかも。。。


必要な工具がリストになっています。でも、工具名の羅列だけでは、よくわかりません。
田中さんに、上から順番に具体的に聞いていきました。

「あ、それは600ミリが使い易いよ、こっちはインパクトが必須ね」

てきぱきと、明快に、冗談を交えながら話してくれました。


道具は、重要です。現場経験のある人なら、体で知っていることです。
店頭で「いいな」と思って購入しても、現場で使い物にならなかったなんて、よくあることです。
少し経験を積んでくると、新人がよかれと思って勝ってきた工具を見ただけで、

「そんなもん、使えネェよ」

と、冷やかしたくなることもありました。



ログハウスの世界でも、それは同じじゃないかと思います。
本来なら、使えないものを何度も買ってしまって、やっと何が使えるかわかるようになることなのに、今回はセルフビルド・アドバイザーの田中さんに、近道させてもらいました。

ホームセンターであれこれ考えながら工具を選ぶのも、楽しいものです。
実際の作業を想像しながら、あーでもないこーでもない。。。これも楽しい。

でも、今回はこの楽しみは迷わず、パス。

ちょっと棚を作るのとは、わけが違うのです。一軒の家を建てるのですから。

道具の善し悪しは、作業効率に影響するばかりか、場合によっては事故を招き、命に関わるのです。
先輩のいうことを素直に聞いて、必要なものを買いそろえようと思います。


************************************************************


今回、ネットを最大限に活用しました。
電動工具などは、ほとんどネットの安いお店や、オークションの中古品を購入しました。
機種が決まっているものは、ネットが一番経済的ではないかと思います。

それともうひとつ、現場に近いお店で買うことも重要なことだと思います。
人が使っていて、よさそうだなと思ったものを購入するのは賢明なこと。
本職の人が使っているものは、地場のお店で手に入ることが多いのです。








高速バス

| | コメント(2)

このところ、現場に出かける交通手段はもっぱら「高速バス」。
圧倒的にコストが安い。確かに所要時間は不安定だけれども、それは自分で運転する車でも同じこと。列車は安定しているけれども、あずさ回数券を使っても3000円はかかる上に、甲斐大泉まで行こうとすると本数が少ないという欠点もあります。


昼間の高速バスは案外時間をつぶすのが難しい。
夜行ならば寝てしまえばいいけれど、昼間だとそうもいかないし、八ヶ岳に行くには新宿から二時間半。ひたすら寝るには危険な(寝過ごすという意味で)距離です。
私の車中の過ごし方はいつもワンパターン。新宿を出たらおもむろに文庫本を出す。たいがい一時間で眠くなるから、本を閉じて夢の中へ・・・。
双葉SAでの休憩で目を覚まし、約20分で長坂高根バス停に到着。


今日の文庫本は「こころ」。いわずと知れた夏目漱石の名作です。
小説の冒頭、主人公は「先生」と上野に出かけます。花盛りの上野の喧噪を抜けて、博物館から鴬谷へ。

あの界隈には、当時の面影が色濃く残っていると思うのは私だけでしょうか。
建物も路地も風景も、全く変わってしまったのは当然でしょう。でも、明治の文人が愛した、あのゆったりした時間、空気感。

小説に登場する花の時期。
不忍池の南から、上野恩賜公園の緩やかな坂は両側が花盛り。精養軒を右手に見ながら、花見客で賑わう花のトンネルを抜けると、博物館手前の噴水に出ます。左に降りて、都美の脇を抜けると喧噪は遠くはなれ、奏楽堂の佇まいは既に落ち着きを取り戻した文化の香りがします。
明治に書かれた小説を現代に読む私が、全く違和感がないどころか、気持ちよいくらいすんなり腑に落ちる。名作のこんな楽しみ方も、アリなのではないでしょうか。


この界隈は、漱石の小説にはよく登場すると思います。
「こころ」ではここで「恋は罪悪だ」と「先生」に言わしめ、「三四郎」では運命的な出会いがあり、「彼岸頃迄」では甘味処で年老いた父親とあんみつを食べたりします。

「虞美人草」では精養軒のカフェで象徴的な出来事があります。
夕涼みにオープンかフェに集まる人々の中に、意外な男女連れを見つけて展開するストーリーと登場人物の心の動きは、薄暮の不忍池をわたる風のように気まぐれだったのかと、思ったりします。




「先生」の奥さんの告白のあたりで、眠くなりました。
一眠りして、目を覚ましたら、もうすぐ八ヶ岳です。




2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ ブログランキング・にほんブログ村へ


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち思うことカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは季節のたよりです。

次のカテゴリは木工事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2008年7月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.13